“ やっさんちの地鎮祭 ”

今年から新たに立ち上げた「スタッフブログ」に登場している
当社の現場監督 安嶋 が夢のマイホームを新築します。

                  (コチラからどうぞ)

本日、4月4日の大安の良き日に、地鎮祭を執り行いました。

地鎮祭は、工事を着手する前に
その土地の神様をまつり、建築をすることの許しをいただくという意味があります。
また、工事の安全を祈願する意味も込められています。

先ずは 参列者の方、お供え物を祓い清めていただきます。
その後、その土地の神を迎える儀式を行い
この土地に建物を建てることを神様に告げ、工事の安全を祈願します。

春休みなので、娘さんも参加です。
  (参加できてヨカッタネ♪)

また、甥っ子さんが大学の入学式があり、ご両親が遠く北海道まで
行かれているそうで、下のお子様を2人預かっているとのこと。
みんなで参加していただきました!!

その後、四方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いし清めます。

こちらは鎌入れ(かまいれ)
施主様にしていただきます。

続いて 鍬入れ(くわいれ)
こちらは関係会社で行いますので、立ち会う当社の社長にて行います。

こちらは 鎮物(しずめもの)
土地の神をしずめるために地中に埋めるものです。

神前に玉串を奉り拝礼します。
まず 施主の “やっさん”

普段は現場作業着ですが、今回は主役ですから
ジャケットを着ての参加ですscissors

つづいて、奥様と娘さんが行います。

つづいて お父様と甥っ子くん

お母様と甥っ子くん

社長も行います。

最後に、お迎えした神様にお帰りいただきます。

全員揃っての記念写真を撮ります。

現場監督の安嶋は、担当させていただくお客様の地鎮祭には
必ず参加するので 「地鎮祭の強者」 ですが
今回は気持ちの中で変化があったそうです。

不思議なもので、神前に立ち祝詞を聞いていると気持ちが引き締まるのです。
これからはじまるマイホームへの想いが
あたらめて熱い決心として心に響いたそうです。


安嶋様のご家族のみなさま
本日は誠におめでとうございます。

いよいよ工事着手となりますが、総建ハウジングスタッフ、協力業者が一丸となり
安全に工事を進めて参ります。
今後とも宜しくお願いいたします。


 


福井県で注文住宅をお考えなら総建ハウジングへ
お問い合わせお待ちしております。
0120-255-740

資料請求はコチラ