2017年

11月

24日

耐震住宅とは?


 

冬の準備をいよいよ迫られる天候になってきました。

スノータイヤ、みなさんはもぅ交換されましたか?

やらなければならないことが頭の中を駆け巡りますが、グルグル巡りが続いてるばかりでなかなか進みません。

焦ります(汗)

 

 

さて、昨日の勤労感謝の日

パナソニックショウルームにて 「耐震住宅セミナー」 を開催いたしました。

祝日でもお仕事の方がいらっしゃって、参加したいけど都合がつかない... と

残念ながら前回よりも少人数での開催とはなりましたが、

足元の悪い中、4組のお客様にご参加いただき心より感謝しております。

 

 

耐震住宅とはよく聞く言葉だと思いますが、

お客様よりよく耳にする言葉は、

 

「どこの会社も一緒でしょ?」

 

「今この時代、どこも地震に強い!っていうし同じでしょ?」

 

そうなんです。

よく分かってないけど、多分同じなんだろうと漠然と考えている事がとても多いのです。

 

 

2000年、

建築基準法は改正され、住宅の品質確保の促進に関する法律が施行されました。

必要な壁の量の基準に加え、壁のバランスの規定が数値化され、

接合部の金物の規定も強化されました。

 

しかし、2000年以降に建てられた建物でも

建築基準法で国が決めた最低限のルールでは、予測できない大きな地震が起こった時、

守られた設計ルールで建てた住宅にも関わらず

倒壊してしまったという悲惨な現状が、熊本震災であきらかになりました。

 

そこには、一般の木造住宅にはルール化されてない抜け穴があるからなのです。

 

私たちがご提案させていただいている 耐震住宅テクノストラクチャーは、

「許容応力度計算」を必須とする全棟構造計算を実施する耐震構造です。

 

さらに、

「耐震等級」というものに着目し、災害が起こった時救済場となる

警察署や消防署並みの耐震レベルの耐震等級3にこだわっています。

 

 

セミナーの中では、耐震構造を研究されている大学教授が作った

紙でできた住宅構造模型を使い、

地震が起こった時に住宅に加わる揺れが 屋根、柱、壁の量・位置・バランスなどで

どのように変化をするのか体験していただいたりします。

 

ここは皆さま

「おぉ~~!」 とか声が上がったりして

実感されてる~~~~! と私たちスタッフが嬉しくなる場面です(*^_^*)

 

 

セミナー後は、質疑応答の場を設けています。

講師の森田先生に分かりやすく説明していただくので、

 

「聞いてよかった」

 

「勉強になった」

 

「耐震等級の重要性が分かった」

 

など、参加者の方よりお言葉をいただいております。

 

 

スタッフからも疑問を投げかけてみました。

森田先生、きちんと答えてくださいます。

 

 

最後は、パナソニック エコショリューションズ社 

担当いただいている海さんより挨拶をいただきました。

 

テクノストラクチャー第1棟目の時からお世話になっている方です。

「実は、私の弟も総建ハウジングさんでテクノストラクチャーで建てました」

とご紹介いただきました。

 

耐震住宅セミナーは、来年もやります!!!

ぜひ、テクノストラクチャーとは? 耐震住宅とはなんぞや?

許容応力度計算ってなんぞや?

 

森田先生の金沢弁、関西弁交じりの軽快なセミナーをお聞きください。

住宅を建てる前の方にお勧めしたいです。

ご参加お待ちしております。

 

最後に、アンケートにお答えくださった方のお声をご紹介いたします。

 

耐震住宅セミナーアンケート

0 コメント